メンタルクリニックに行く意味ついて思ったこと

スポンサーリンク
メンタルヘルス
スポンサーリンク

私は今までの人生で、メンタルクリニックに行こうと思ったことが2度あります。

実際に行ってみて、どこまでを医者に求めているのか、なんのために行くのか考えたのでまとめてみました。

最初は、行けば元気になってまたふつうの生活ができるようになるはずだ!という期待をしていました。実際は、補助的な役割としてアドバイスや処方をしてくれるところだと気づきました。

はじめて行ってみようと思っている人など、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

1回目の体験談

1回目は、新卒で入った会社が合わず、ベッドから起き上がれない・食欲が湧かない日が続いた時。

その時は初めてメンタルクリニックを受診したため、とりあえず口コミを見て良さそうなところに行ってみようと思いました。

しかし、予約の電話をすると、評判のいい病院はどこも予約が3ヶ月待ち。

まじか、日本そんなに病んでる人多いのか・・・でもこんな生活そりゃあ病むよなあと思って、ちょっとハードルを下げて口コミがそんなに悪くなさそうなところを探しました。

家の近くの病院はあまりなかったので、外に出れる服を来て電車に乗るのもハードルが高かったけど電車で10分ぐらいのところの病院へ。

そして病院についてみると、待合室は人がいっぱい、、、座るとこ狭くてなんか汗かく、、

そんな中初診の私は最後まで待たされ、やっと呼ばれました。

午前の時間ギリギリだったせいなのかめちゃくちゃ早口で、こんな症状あるでしょ?こうでしょ?こうでしょ?と押し気味に言われ、不安障害かパニック障害か何か忘れたけど勝手に決めつけられました。

そして勝手に薬も3種類くらい処方。(薬局行かなかったけど)

こっちはすがる思いで来てるのになんなんだその商法は、、、と思って愕然として診察の途中からは何も聞いてませんでした。

いい病院は予約いっぱいだし、合う病院探すためにいろいろ回るにもしんどいし、どうなってんだ日本はと思いました。

結局自分で探すのは断念して、知り合いの紹介で病院に行ってみたら、とりあえず話をちゃんと聞いてくれて少し入眠剤を出してくれました。

仕事は休職しましょうって診断書を出してくれて、仕事も辛いなかで病院も見つからないんじゃと焦っていたのでとても安心しました。

寄り添ってくれるというよりはかなり淡々と現状に対処するって感じで、心からの理解者だ!とまではいかなかったですが、とりあえずこの状況に対処できるなら…と3ヶ月くらい通いました。

そのあとは仕事を休んでいたのもありだんだん回復し、別の仕事に転職して新生活を始められました。

2回目の体験談

そして、最近3年ぶりにそのクリニックに行ってきました。

また同じような症状が出て、自分が双極性障害(躁うつ病)なんじゃないかと思ったからです。

双極性障害の人の体験談のパターンが私と似過ぎていて、私もそうなんだろうな、、、と思いつめていました。結婚したのもあって旦那に迷惑をかけちゃいけない、これから家庭を築いていくのに今のうちに対処しなきゃ、と今回も早くしなきゃと焦ってました。

そしてクリニックへ行き、医師に私がそれに当てはまると思う今までの悩みを一生懸命話しました。(気分の波が激しく、躁鬱病なのではないか、周りに合わせられなくなる・コミュニティにいづらくなるなど)

が、以前と同じ淡々とした言い方をされて、泣いてしまいそうになりました。なんだか今までの私が悩みながらも生きてきた人生が薄っぺらいもののように思えました。

そして「双極性障害ではありません。昔からコミュニティに居づらいというのは軽い発達障害かもしれませんね。発達障害の心理テストもあるので、受けたかったら受けてみてください」って言われた。

急に別の病名言われて、説明なさすぎてフリーズ。笑

「え、それって、もし発達障害だったら薬で直せるんですか?」って聞いたら「衝動性に関しては薬で抑えることができます。」って。

そういうことじゃなくて、根本的な話なんだけど…でもまだ発達障害って診断出てないし出てから聞こう…と思って、とりあえず心理テストの予約をしました。一ヶ月以上先だったけど。

そして帰りの電車でなんだか疲れてぼーっとしながら発達障害の治療法について調べてみたら、発達障害とは特性であって、それを自分で把握してうまく社会でやっていけるようにしていくのがクリニックの役割だそう。(ざっくり調べて書いてるけど)

だから、診断をして、自分の特性を掴んで、どんなことが得意でどんなことが苦手かがわかっていれば自分でできるかぎりの苦手なことへの対処ができるのかもしれないと考えました。

メンタルクリニックはサポートしてくれるところ

私は、メンタルクリニックに行けば生きづらさを治してくれて、根本が見つかって解決すると思っていました。

でも、神様のように自分の生きづらさを根本から解決してくれるわけじゃない。

心が折れて生活に支障が出るようになったら、風邪の時病院に行くように、しんどい時は薬に頼るというのがクリニックの役割なんだなあと。

なのであまり病気だとか、それを直さなきゃって焦るのはやめようと思いました。

根本的な問題は自分の特性だと受け入れて、どうすれば生きやすいか試行錯誤していこうと思います。

そういう中で、補助やアドバイスをしてくれる存在としてメンタルクリニックにいこうと私は考えました。

とりあえず今後は発達障害の診断をちゃんとしてくれて、自分の特性を掴むために心理テストができるところを探してみようと思います。

 

おわり

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました